本文へスキップ

八ヶ岳自然散策

シバザクラ(芝桜)

写真 【2020年3月】
 シバザクラは皆さん良くご存知だと思いますが、ハナシノブ科の多年草で別名はハナツメクサ(花爪草、花詰草)、 4月~5月頃にサクラに似た形の淡い桃色、赤、薄紫あるいは白い花を咲かせます。
 
 原産地は北アメリカの東部とのことで、葉は1センチ程度と短く良く枝分れして、地面をおおいつくすように密生し、 暑さ寒さや乾燥に強く常緑のため、芝生代わりに植えられることも多いようです。
 
 山梨県では残雪の富士山をバックにした「富士の芝桜」が有名ですが、 写真は蕪(かぶら)の桜並木近くの北の杜カントリークラブの前で撮ったものです。
 
 天気が良ければ、残雪の権現岳をバックにした一面の芝桜が見られると思いますので、一度見に行かれては如何でしょうか。

文、写真 住山 茂

このページは、「 八ヶ岳ジャーナル」紙に寄稿した記事を掲載しています。
2020年3月
春一番の花カタクリ
2020年2月
キクイタダキの水浴び
2020年1月
バトル
2019年12月
オリオン座をかすめる双子座流星群
2019年11月
ジョウビタキ
2019年10月
ヤマガラと
ツノハシバミ
過去の記事一覧表