本文へスキップ

八ヶ岳自然散策

八ヶ岳のキバナシャクナゲ(天狗の奥庭にて)

写真 【2020年7月】
 初夏の頃、八ヶ岳の山道ではそこかしこでシャクナゲを見ることが出来ますが、 中でも標高の高い稜線で見られるのが「キバナシャクナゲ」。 
 
「ハクサンシャクナゲ」と似ていますが、花の色が少し黄味がかっているのと葉柄から葉の出方がなだらかなので見分けがつきます。  多く見られるのは南八ヶ岳の硫黄岳、横岳周辺ですが、権現岳や北八つの天狗岳、北横岳周辺でも見ることが出来ます。
 
シャクナゲと言えば樹林帯の、それも梅雨時の花(アズマシャクナゲ)と思われますが、 キバナシャクナゲは乾燥した高山を好み花期も長く梅雨明け直後でも見ることが出来ます。 息をあげて登り着いた稜線に見るキバナシャクナゲは又格別の思いがありますね。

(写真・文 渡辺 秀正)

このページは、「 八ヶ岳ジャーナル」紙に寄稿した記事を掲載しています。
2020年6月
キバネツノトンボ
2020年5月
夏鳥たちのコーラス
2020年4月
シバザクラ(芝桜)
2020年3月
春一番の花カタクリ
2020年2月
キクイタダキの水浴び
2020年1月
バトル
過去の記事一覧表